手をつなぐ家族

生活保護申請の際はありのままを正直に

役所において、何度生活保護申請をしても却下される人もいれば、たった1回の生活保護申請で受給権を獲得する人もいます。なぜなら、それは明確な基準によって定められた公的な制度だからです。生活保護申請を行う人の中で、目の前の机に座った対象者を説得できれば申請が受理されると考えている人もいますが、それは間違いです。担当者はあくまで担当者であり、その人の気分や裁量で仕事をしているわけではありません。生活保護に関わる体系的な法的根拠が無数にあり、それに照らして判断するよりほかないのです。ですから、生活保護申請というものはそもそも状況を誇張して伝えたり、事実と異なる内容を盛り込むようなことがあっては絶対になりません。ありのままの状態を、足し引きせずに正直に相談する、これが最善策に違いありません。そうすれば、仮に生活保護の対象ではないということになったとしても、別の窓口で別の支援が受けられるといった可能性も出てくるからです。ここで伝えたことに嘘が混ざっていると、結局はバレて全ての手続きが無効になるような無駄な時間を過ごさなければなりません。利害に関係なく仕事をしている公的機関に申請にいくわけですから、生活保護申請の際は正直に率直にありのままを相談しましょう。

CHOICES POST

生活保護申請は立ち直るためのきっかけ

会社をリストラになった人や、あるいは自分の会社を潰してしまった人など、一度どん底に落ちてしまった人であればよくわかる感覚でしょうが、立ち直るにも一定のお金がいるものです。日銭を稼ぎ、目下の飯代を何とか捻出するという状態に陥ってしまえば、ただ生きることがや…

生活保護申請者の成功例になろう

例えば今、自分自身が全財産を失ってしまったとして、かつ仕事もないとなったらどのように行動するでしょうか。実際に実行するかはさておき、生活保護申請をするぐらいなら首を括ると言う人も少なくないかもしれません。生活に困窮する人を救済する制度でありながら、なぜ当…

生活保護申請をしながら各種制度を利用しよう

先月まで立派に働いていたビジネスマンが、今月は生活保護申請の窓口にやって来ている、そんな風にもはや何が起こるかわからないのが現代の世の中です。ですが、人は助けることには慣れていても、助けられることには慣れていない生き物ですから、とりあえず生活保護申請で生…

生活保護申請の際はありのままを正直に

役所において、何度生活保護申請をしても却下される人もいれば、たった1回の生活保護申請で受給権を獲得する人もいます。なぜなら、それは明確な基準によって定められた公的な制度だからです。生活保護申請を行う人の中で、目の前の机に座った対象者を説得できれば申請が受…

UPDATE POST

NEW2020年10月12日
生活保護申請の際はありのままを正直にを追加しました。
NEW2020年10月12日
生活保護申請をしながら各種制度を利用しようを追加しました。
NEW2020年10月12日
生活保護申請者の成功例になろうを追加しました。
NEW2020年10月12日
生活保護申請は立ち直るためのきっかけを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP