手をつなぐ家族

複雑な生活保護申請が負担なら申請の代行サービスの利用がお勧め

手のひらのハート

生活保護を受けるためには行政に生活保護申請をしなければなりませんが、その手続きというのは非常に複雑でありまた行政の対応というのはその自治体によっても異なるため、生活保護申請の際には申請者に大きな負担が生じる事も多々あります。そうした情報から生活保護申請をする事を躊躇う方もいらっしゃいますが、生活保護を受給するという事は新しい生活をしていくためにも必要な事ですから、躊躇うことなく生活保護申請はされるべきです。もし申請に伴う負担が心配というのであれば、生活保護申請の代行サービスがあるのでそちらを利用されるといいでしょう。代行サービスでは生活保護の制度に詳しい弁護士や行政書士が、複雑な手続きのサポートを行ってくれます。例えば神聖書類の作成を代わりに行ってくれたりしますし、福祉事務所の窓口への申請の際には同行してくれたりします。専門家が代わりに行ってくれるので自分であれこれ調べたりする必要が無いので気楽ですし、申請の際のやり取りもサポートしてくれるので人とのコミュニケーションが難しいという方も安心です。生活保護についての疑問などがあれば答えてくれますし、相談にも乗ってくれますので、生活保護申請にお悩みの方は代行サービスを活用される事をお勧めします。

生活保護申請は役所で行います

頑張って生きていこうにも、どうにも生活が立ち行かない、もうこのまま死んでしまおうか、などと追い詰められてしまった時には、生活保護申請を視野に入れて考えましょう。生活保護申請を行うためには、役所に赴くことになりますが、ここに立ち直れるチャンスがあります。というのも、役所というものは、生活保護申請の窓口のみならず、各種福祉部門や税部門がひとつに集まった施設であるからです。たとえば自分が問題を抱えていて、どうにもならないと考えて、生活保護申請を行ったとします。もしかしたら、条件に合致せず、生活保護の受給は受けられないという結論になるかもしれません。しかし、そういった事情であれば、この福祉部門でこういった制度が受けられますよ、といった具合に、思いもしなかった解決策を教えてもらえる可能性だってあるのです。そんなうまい話が、と考えるかもしれませんが、役所はそもそも営利企業ではありませんから、求めない人に制度を積極的に宣伝することはありません。相談して初めて知るような制度だって、いくらでも存在するものなのです。生活保護部門で働く職員であれば、人を助ける制度については他部門のことでも精通していますから、まずは状況を打開する意味でも、生活保護申請をひとつのきっかけとしてみるのもありでしょう。

生活保護申請をしてケースワーカーに救われることもある

生活保護申請というと、どのようなイメージがあるでしょうか。負けてしまったような、後ろ暗いイメージを抱く人も少なくはないと思います。他人が生活保護申請を行うことには理解を示せても、いざ自分が、となると躊躇する気持ちが出てしまうかもしれません。ですが、もう生きていく術が見出せない、というところまで追い込まれてしまったら、生活保護申請を行うことは何も恥ずかしいことではありません。そして、担当者となるケースワーカーが、それを実感させてくれることもあります。ケースワーカーとは、生活保護の対象となった人のお世話をしてくれるような役所の職員ですが、人によっては本当に熱い思いを持って仕事に臨んでいる人もいます。彼らの意識は、保護するのだ、というものではなく、まさしく立ち直らせるのだ、というものです。ケースワーカーと面談を行い、再起に向けての支援を受ける中で、申し訳なさを感じる暇もないぐらいに、再び前を向いて進んでいくように力強い補助輪となってくれることだってあるのです。そして彼らには知識があります。こんな制度を利用して、そのためにこんなことを頑張って、といった具合に、人生をやり直し再び人として輝く契機を与えてくれるに違いありません。

CHOICES POST

生活保護申請は立ち直るためのきっかけ

会社をリストラになった人や、あるいは自分の会社を潰してしまった人など、一度どん底に落ちてしまった人であればよくわかる感覚でしょうが、立ち直るにも一定のお金がいるものです。日銭を稼ぎ、目下の飯代を何とか捻出するという状態に陥ってしまえば、ただ生きることがや…

生活保護申請者の成功例になろう

例えば今、自分自身が全財産を失ってしまったとして、かつ仕事もないとなったらどのように行動するでしょうか。実際に実行するかはさておき、生活保護申請をするぐらいなら首を括ると言う人も少なくないかもしれません。生活に困窮する人を救済する制度でありながら、なぜ当…

生活保護申請をしながら各種制度を利用しよう

先月まで立派に働いていたビジネスマンが、今月は生活保護申請の窓口にやって来ている、そんな風にもはや何が起こるかわからないのが現代の世の中です。ですが、人は助けることには慣れていても、助けられることには慣れていない生き物ですから、とりあえず生活保護申請で生…

生活保護申請の際はありのままを正直に

役所において、何度生活保護申請をしても却下される人もいれば、たった1回の生活保護申請で受給権を獲得する人もいます。なぜなら、それは明確な基準によって定められた公的な制度だからです。生活保護申請を行う人の中で、目の前の机に座った対象者を説得できれば申請が受…

UPDATE POST

NEW2020年10月12日
生活保護申請の際はありのままを正直にを追加しました。
NEW2020年10月12日
生活保護申請をしながら各種制度を利用しようを追加しました。
NEW2020年10月12日
生活保護申請者の成功例になろうを追加しました。
NEW2020年10月12日
生活保護申請は立ち直るためのきっかけを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP